Vol.5
「過去の自分に対して、傷ついてくれてありがとう」 過去から未来へ想い紡ぐ

2015年12月、数々のTVアニメ主題歌を担当してきたアーティストLiSAさんとライフカード株式会社がタイアッププロモーション『Fo"u"r LiFE』をスタートさせました。
そして、2016年4月18日からは、LiSAさんの5周年を記念し、『Hi! FiVE LiFE』として、装い新たにタイアップを行っています。

デビューから5周年という時間で大きく変化してきたLiSAさんがデビュー前やこれまでの4年間、そしてこれからの未来について何を考えて、どう人生を設計していくのかについて全5回に渡って、お届けします。
最終回となる第5回は、「誰かの何かになりたい」というLiSAさんの未来に向けた言葉、そしてファンの皆さんから届いた「LiSAの未来に夢見ていること」に対するLiSAさんの想いをお聞きしました。

私を通して「人生がもっと楽しくなるような発見」をしてほしい

―― 5周年を迎え、LiSAさんが改めて意識していることはあるのでしょうか?

LiSA私はこれまで、いろいろな人から影響を受けてきました。今でも私の人生に関わってくれたり、影響を与え続けている人ももちろんいますが、その一方で、影響を与えてくれていた人たちの中には、今はもう解散していたり、亡くなっていたりして、触れることができない人もいます。

私自身は、そこに触れて生きてきたけれども、私以外の人はそういった人を知らないのかもしれないし、これから先触れることもないのかもしれない。

最近は、そういった先人たちの影響を受けて育った私を通して、「その人」のことをみんなにも感じてもらうことができないかと思うようになりました。その結果、みんなの人生がもっと楽しくなるような発見になるかもしれない。私自身がいろんな人に人生を豊かにしてもらったように、私を通してそんな発見をしてもらえたらいいなと思いますし、そういう役割を担ってみたいと思っています。

なので、今はその担い手になるためにもっとたくさんの人に会いたいし、もっとたくさんの人に見てもらいたいし、もっとたくさんの人に知ってもらいたい。

「好きか嫌いか」の判断はみんなのものなので、私からはとにかく「私を知ってもらいたい」という気持ちだけですね。

―― 見てもらう、知ってもらう機会について、今はCDやライブ、イベントやテレビなど様々な媒体を通して広がっていますが、具体的にどういうふうに知ってもらいたいなどはありますか?

LiSAやっぱりライブですね。私のすべてを表現できるのはライブしかないかなと思っています。ライブで一緒に楽しい空間をつくり、かけがえのない時間を共有したいです。

でも、みんながみんなすぐにライブに参加できるわけでもないので、私を知るきっかけは何でもいいと思っています。ブログや写真、雑誌でも。「LiSA」を知って、できれば好きになってもらって、そこから一緒に過ごしていく空間、瞬間を大切にしたいですね。

ファンからの声「LiSAはLiSAッ子の夢。LiSAの夢は何ですか?」

―― ここでちょっと、LiSAさんの未来についてどういったことを期待しているのか、ファンの方々の声をTwitterで集めたのですが……。

LiSAああ、あの集めてたやつだ!

―― 「LiSAさんは誰かの夢になりたいって言うけど、LiSAはずっとLiSAッ子の夢でした。LiSAの歩く道、未来にはたくさんの夢や希望があり、私はLiSAと一緒に見たい未来があります。どんな未来が待っているかはわからないけど、笑顔でいてください」というコメントがありました。

LiSA泣いちゃうから……やめ……てください……。

―― LiSAさんの想い、伝わっていますね!

LiSA本当ですよ……。私、他人のこと信じていなかったんですけど、今はその逆。私のことを変えてくれたのはファンのみんなですよね……間違いなく。

だって、会ったこともないかもしれない人のことを、音楽だけで信じるんですよ! そんなすごいことが音楽にはできるんだって思うし、そんな私に手紙を書いたり、会いにきてくれるなんて……本当にすごいなって思う。

「みんなと一緒に未来を見たい」という私のメッセージを本当に受け取ってくれて、それを信じ、変わることができるなんて、人ってすごい。

―― 夢を託したくなるような、あるいは夢を受け取りたくなるようなアーティストを応援したいという気持ちは、LiSAさん自身も経験してきたことで。でも今は、夢を与える側の立場に立っているんですよね。

LiSAそれは本当に嬉しく思っています。

デビューしてから5年間、これまでの活動は全部自分が納得した上で、自信を持ってみんなに届けてきました。手を抜かずに全力で取り組んできた。だからみんなとの信頼関係も、少しずつ築けてきたんだと思うし、私自身も素晴らしい人たちに巡り合い、素晴らしいチャンスをたくさんもらえたのかなと。

そして、そういった流れがまたいろんなところに繋がって……例えばその一つが、このLiSA×LifeCARDを使うことなのかもしれないですね。みんなが好きなモノをお買い物したり、チケットを買ってライブを見にきてくれたりして、またみんなとの新しい思い出が増えるわけじゃないですか。

―― もう一つファンからのメッセージを紹介します。

LiSA(泣くのは)もう嫌だよー(笑)。

―― 「LiSAちゃんの夢はLiSAッ子にとっての夢だから、今年もLiSAちゃんの夢が叶う瞬間に一緒にいたいです」。LiSAさんがこれから叶えたい夢はありますか?

LiSA自分が叶えたい夢……。
二つあって。一つは、東京ドームでライブをやりたい。これは夢でもあり、具体的な目標でもありますね。そしてもう一つは、ずっとずっと、それこそ永遠にみんなとライブハウスで遊んでいたい。

東京や大都市だけじゃなくて、いろんな地域のいろんな会場でみんなと遊びたい。これは4月から回っているツアーで叶いはじめていますが。
二つって言ったんですけど、音楽を通して叶えたい夢はいくつも出てきますね(笑)。

過去の自分に対して「傷ついてくれてありがとう」

―― 東京ドームという目標を達成したら、次は世界中でのツアーとか、夢は広がりますよね。

LiSAそうですね。海外でのライブも大好きです。でも私は日本人なので、日本をちゃんと大事にしながら、日本の文化として「LiSA」を愛してくれるみんなのところに会いに行きたいと思います。

―― 先ほど、「永遠にライブハウスでみんなと遊んでいたい」とおっしゃっていましたが、LiSAさんは自分の30代、40代、50代など、先の人生を考えることはありますか?

LiSAみんなと一緒に歳をとっていくことが楽しみです。私、10代の時に20代がこんなに楽しい時間になるとは思ってなかったです。

だから20代の今、30代ももっと楽しいこといっぱいあるだろうなと思っています。

―― 個人としての生き方についてはどうですか? 例えば結婚とか。

LiSA結婚か〜(笑)。正直、ちょっと前まで結婚願望とか全然なかったんですよ。子どももほしいとは思っていませんでした。でも最近、自分が人間として生まれてきて、「私たちがつくってきたモノや音楽を誰が伝えていくんだろう」と考えた時に、それを残していくことも意識しないとダメだなって思ったんですよね。
なので、今はいつかは子どもを育てたいと思っています。
世の中、どんどん少子化になっていますしね。社会に貢献するという意味でも(笑)。

―― すごく現実的なご意見で(笑)。でも、今のお話は冒頭でおっしゃっていたアーティストとしての想いと重なりますね。

LiSAそう、何かを残したいのかもしれません、私。子どもに関しては、今は育てられる自信がないのですぐに何が起こるというわけではないですけど(笑)、まずは私自身が人から人に伝えられるような存在になれたらうれしいですね。

―― なるほど。最後に、アーティストとして5周年を迎えることができた自分の人生を、今はどう振り返りますか?

LiSA私は過去の自分にとても感謝しています。たくさん傷ついて、たくさん失敗して、たくさん経験できたこと、5年前にちゃんと「Letters to U」というアルバムを書けたこと、本当に御礼を伝えたいです。

―― だからこそ今がある?

LiSAそうですね。あの頃は全然自分のことを好きになれなかったし、「なんで私はこんな感じなんだろう」「なんで神様は意地悪なんだろう」とずっと思っていたけれども、今は全部よかったなと思っています。

そして、過去の自分に対して「傷ついてくれて、それでも前を向いてくれてありがとう」と思っています。

―― そうですね。辛い思いをしても、これから先は楽しいことがいっぱいですよね。

LiSA人間、どんなことも乗り越えられると思います!

―― 力強い言葉ありがとうございました。

LiSAありがとうございます!

LiSA CARD

LiSAを語るときに欠かすことのできないPOPとROCK。対照的でありつつもそのどちらもがLiSAそのもの。LiSA CARDは「POPライフ」と「ROCKライフ」の2つのデザインから選択できます。さらに、LiSA CARDを持った瞬間から始まる皆さんとLiSAの新しいライフを彩るプレゼントも用意しています。

今すぐカードを申し込む